So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

40万アクセス突破 [その他]

最近、まったく更新をしていないこのブログであるが、この度、40万アクセスを突破した。


これも、お読みいただいた皆様のおかげです。誠にありがとう存じます。


そのうち、心を入れ替えて、復活させたい(と思います)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書のすすめ@江戸川区篠崎 [その他]

今、話題の『やきとり爺さん体操』。

その考案者の岡田麻紀先生のブログで紹介されていた、「読書のすすめ」という本屋さんへ行ってみた。

PA0_0289.JPG
入り口にプーさんがいる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

感謝!20万アクセス突破! [その他]

本日、めでたくブログが20万アクセスを突破した。

2005年10月2日に開始して以来、約1000日での達成ということになる。

これも、私の雑文を読んでくれる皆様のおかげである。誠に感謝を申し上げたいと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カバンの話 [その他]

カバンの置き場所について。

本屋へ行って目につくのが、平台の本の上に、カバンを置いている人が多いことである。

カバンって、地べたへ置くこともあるものなのに、売り物である本の上に置いてしまう、その無神経さに驚き、腹が立つ(でも、角が立つから注意はしないけど)。

常々そう思っていたら、今日、もっとヤなものを見た。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

挨拶の話 [その他]

挨拶について。

私の母校・杉並区立第八小学校(略して杉八)は、とりたてて誇れるようなものがある学校ではない。が、在校当時の校長先生が、「この学校の生徒は、元気に挨拶してくれると、お客さんにほめられた」と朝礼で話されていたことはよく覚えている。

その話を聞いた、小学生の私は、「でも、挨拶をするのは当たり前だけど」と思ったのも覚えている。

しかし、社会人になってから、「それは当たり前じゃなかった」と痛感するようになった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山口の誇り・五重塔 [その他]

4月の朝、山口の瑠璃光寺にある五重塔を見に行った。タクシードライバーに、「一箇所だけ観光するなら、五重塔でいいか?」と聞いたら、「それが正しい」とのこと。そのうえ、五重塔自慢をされてしまった。

・国宝である
奈良の法隆寺、京都醍醐寺とともに日本三名塔と呼ばれる
・そのなかでも、ここが一番美しい

そのほか、「瑠璃光寺は大内氏と、大内氏を滅ぼした陶氏がいっしょにまつられている」「一の坂川は大内義弘が京都の鴨川に見立てて作った」など、いろいろいっていた(が、いろいろいわれすぎて覚えられなかった)。


これが自慢の五重塔。風景にとけ込んでいて美しい

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

左手の中指を負傷 [その他]

金曜日、会社の机のファイルを探していたら、左手の中指の爪と指の間を切ってしまった。

けっこう出血したので、バンソウコウで止めた。何もしなければ痛みはないのだが、たとえばキーボードを打とうとすると、いちいち痛む。それで、中指を使わないで打つと、打ち間違いが激増してしまう。

それと、私は仮性ギッチョなので、左手を使う機会が多い。昨日は、スーパーのレジ袋の結ぶところがピッタリくっついているのを、ずらして開けようとしたのだが、中指が使えないためうまく開けられなかった。

傷口はカマイタチにあったようにパックリ開いているので、まだ治るまではじかんがかかりそうである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんちゃってギッチョについて [その他]

私は左利きであるが、右手も使う。仮性ギッチョである。

箸は左手で使うので、子供のころ、先生に「お箸を持つ手で」といわれると、みんなと反対の手を使っていた。一方、字を書くのは右手である。

整理すると、

左手で行うのは、
「お箸を持つ」「野球で打ったり投げたり」「ボウリング」など

右手で行うのは、
「字を書く(かくもの全般)」「マウスを使う」「サッカーのキック」など

となる。

両方使えて便利であるが、ときどき「ギッチョ」であると名乗るのを躊躇することもある。「真性ギッチョ」の人に比べると、不徹底な気がするのである。

なぜこうなったのか。私の父は、「左利きは野球選手には有利」だと思い、矯正しなかったそうだ(野球選手にはならなかったが)。そのため、自然に上記のような使い分けをするようになったのだ。

あまり不便を感じたことはないが、一度だけ、高校生のときに、クラスメートの田舎へ遊びに行ったときに、そこのおばあちゃんに「右で食べろ」と強要されたことがある。余計なお世話だと思い、無視したが。

やはり少数派なので、とくに食事どきにギッチョの人を発見すると、なんとなく親近感、連帯感を覚える。

それと、食事をするときにギッチョが2人以上いるときは、テーブルの左側に並ぶのが原則である。それが、かたぎの人たちとの共存するため、お互いのためになるのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笑えない空気 [その他]

先日、講演でこんな話を聞いた。

「この間、北海道で講演をしたんだけど、『講演代はいくらにしましょう』といわれたときに、『いくらでもいいですよ』といったら、本当に少ししかくれなかった。北海道は遠いので、けっきょく赤字になった」

本人は、これで笑いをとろうとしたようだが、こう書いていても、どこがおもしろいのかわからない。その講演では、この手の話が多く、演者が話せば話すほど場が冷えていった。

しかしこの話も、つかみがうまくいっていれば笑えたのかもしれない。

こんな話もあった。

「私はメールのアドレスを公開していないのに、1日40〜50通も来る。海外からも問い合わせが来る。誰か、私のアドレスを売っているのではないか? あまりに多くてソフトが動かなくなったので、先月全部削除した。だから、先月私にメールされた方のメールは読んでいません」

これを何回かくり返したが、やはり笑えなかった。講演の内容は立派だったとしても、つまらないギャグは聞いているのがつらい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。