So-net無料ブログ作成
検索選択

『覇王の番人』への苦言 [書評]

小説は、虚実をとりまぜて、うそを読者に信じ込ませるものであると思う。

真実の部分がしっかり書かれているからこそ、うその部分も「ほんとうかもしれない」と思わせる、あるいはそんなことを考えさせないことができる。

歴史小説の場合、どうしても動かせない歴史的事実がある。例えば、「1600年に関ヶ原合戦があり、東軍が勝った」とか、「1945年に日本は戦争に負けた」とか。逆にいうと、そういう制約があるからこそ、歴史小説はおもしろい。

本作は、明智光秀の物語である。ということは、「きっと、本能寺の変が書かれる」と想像しながら読むことになる。


覇王の番人(下) (講談社文庫)

覇王の番人(下) (講談社文庫)





本能寺の変については、これまでたくさんの解釈がされてきた。「光秀怨恨説」「朝廷陰謀説」「毛利と秀吉の共謀説」・・・。「武田の遺臣がしかけた」なんていうのもあった。


どんな説でもいい。その物語を読みながら、できるだけ破綻なく、「それもありかも」と思わせてくれればいいのである。

ところが、どうもこの話は危うい。読んでいてのめりこめない違和感を覚えるのである。

それが決定的になったのが、下巻のP102。上杉謙信が死亡したくだりのところである。これは1578年のこと。そこに、「上杉謙信の動きを見て北条氏康が兵を集めた」「関東の東には、奥州の雄、伊達政宗もいた」と書かれている。

これにはぶっ飛んだ。

ちょっと歴史に詳しい人ならわかると思うが、北条氏康はとっくに死んでいる(1571年)。また、伊達政宗が家督を相続するのは本能寺の変の後である。

こんなところを間違えられると、「ほかのところもいい加減ではないのか?」と思ってしまう。心地よくだまされたいと思っているのに、物語に入っていけないのである。


これは、もちろん作者の力量不足もあるが、担当の編集者も悪い。ここは直さなければ。新潮社は、こういうところはしっかりとしていると思っていたのだが、残念である。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

所長

 背景を変えたのですね!印象がすっかり変わりました。
by 所長 (2012-09-25 18:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。