So-net無料ブログ作成
検索選択

「カゼを感染すと治る」について [免疫]

最近、新型インフルエンザが流行している。わが家でも、中1の長男が(多分)感染している。

26日(土)に病院で検査したが、陰性であった。しかし、その後39度5分の熱が出たし、中学校では新型が流行しているし、キットでの検査が必ずしも正確ではないしで、ほぼ間違いないと思っている。

・変なことを口走らないか(脳症のおそれ)
・呼吸が苦しくないか(ウイルス肺炎のおそれ)

に気をつけて見ているのだが、今のところ大丈夫そうだ。

ただ、いつでも病院に連れて行けるよう、今日はビールをがまんしているしだいである。ところで、よく、「人に感染すと、カゼが治る」という。

これは、「症状がひどいときには寝ていた人が、軽くなって歩き回り、ウイルスをまき散らすため」ではないかと、最近思いついた。

今回の新型インフルエンザにおいて、いちばん気をつけなくてはならないのが、

「感染の拡大を遅らせる」

ことだという。

ほぼ国民全員が、2~3年のうちに新型インフルエンザにかかるそうだ。いずれ、感染するにせよ、ピーク時にかぶってしまうと、インフルエンザ患者も、そうでない患者も、じゅうぶんな治療を受けられなくなってしまう。

今の厚生労働省の基準だと、症状が出てから1週間は外出禁止らしい(細かいことは省略)。

「仕事が心配だから」とかいって、まだ治っていないのに外出(出社)して、ウイルスをまき散らす人々が続出する(している?)のではないかと、心配するしだいである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。