So-net無料ブログ作成
検索選択

侍ジャパンと福田-安保理論 [免疫]

「勝負脳」で有名な林先生によると、「『星野ジャパン』『岡田ジャパン』『長島ジャパン』と、個人名がついていると、その集団は失敗する」そうである。

「星野のため」「岡田のため」となると、その人に対する忠誠が必要な形になり、プライドの高い選手たちの脳の力が制限されてしまうという。それに対し、「なでしこジャパン」「ドリームチーム(いわゆる王ジャパンのこと)」など、個人名がついていないほうが、脳力を発揮しやすいらしい。


ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)

ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)

  • 作者: 林 成之
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2009/01/31
  • メディア: 新書


オススメ。それを考えると、「侍ジャパン」は、「原ジャパン」ではないのがイイ。この名前は、コミッショナーから発表されたそうだ。コミッショナーは、林先生のことを知っていて、マスコミが「原ジャパン」と呼び始める前に、名前を決めてしまったのだろうか。

それと、マスコミ側が、「原ジャパン」では話題にならない、貫目が足りないと思ったのかもしれない。

一方、野村監督が全日本の監督になったら、きっとマスコミは「野村ジャパン」と呼ぶだろう。林先生が「やめたほうがいい」といっているのを知っていても、そう呼ぶに違いない。

マスコミとは、そういうものである。


ところで、林先生のこの話から、「福田-安保理論」「安保免疫学」という呼称にも思いが及んだ。

これらは、今の医療に革命をもたらすようなものであるが、個人名が頭についている。

今後、もっと世間に広がるためには、普遍的な名称を考えたほうがいいかもしれない。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 4

湯たんぽ愛好家

人類全体の財産と個人名は反するものでしょうね。個人名が普遍性を邪魔しているかもしれません。変わり者がやっている変な免疫学、変な治療法で終わるかもしれません。
 しかし、普遍性を求めるにも疲れを感じる今日この頃です。
by 湯たんぽ愛好家 (2009-02-25 16:13) 

ルナトラ

湯たんぽ愛好家様、コメントに気づかず失礼しました。

怖いのは、個人名がついていることで、本人は自覚していなくても(本人がつけたのではなくても)、脳が(他人が)ネガティブな反応をしてしまうらしいことです。

いまさら遅いのかもしれませんが。

道のりは長く、山あり谷ありだと思います。息をするように続けて生きたいと思っています。
by ルナトラ (2009-02-28 01:36) 

loo_li

なるほど。だから、みつまJAPANはブレイクしなかったんですね(違)。

でもなー、『なでしこジャパン』は確かに北京五輪では好成績でしたが、常にいい状態だった訳ではないので、なんか違うなー、という気もします。
by loo_li (2009-03-11 20:33) 

ルナトラ

loo_liさん、コメントありがとうございます。

林先生の説も、北島康介が成功したから説得力があるわけで、今後はわかりませんが・・・。

侍ジャパンにはがんばってほしいと思います。
by ルナトラ (2009-03-13 18:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。