So-net無料ブログ作成
検索選択

『旅と鉄道』、ついに休刊!! [鉄道・旅行]

私が1番好きだった雑誌、『旅と鉄道』(略してタビテツ)が、1月10日発売の2月号を最後に、休刊が決まった。




1971年創刊。確か、1974年ころから読んでいた。


タビテツは、「鉄道で旅する」内容の雑誌である。雑誌『旅』とも、『鉄道ジャーナル』とも違う。まさに、「乗り鉄」のための雑誌だったのである。

しかし、冒頭で「一番好きだった」と書いたように、最近は一番ではなかった。

タビテツは、創刊以来、季刊だったのが、1年半前から月刊になり、その影響か中身が薄くなってしまったのだ。

以前は、「東北地方の鉄道乗りつぶし」とか、「日本を夜行列車で縦断する」といった、「乗り鉄がやりたくてもやれないような鉄道の旅」をやってしまう企画が多かった。食べ物情報も、地方の名店が出てくることはほとんどなく、駅ソバや駅弁についてが多かったのである。

実際に役立つ情報も多く、まさに「乗り鉄にとってのバイブル」だったと思う。

それが、月刊化されてからは大型企画はなくなり、チマチマとした企画が多くなった。2ページくらいの短い記事がふえた。「何とか線の各駅に下車した」とか、「何とか駅の近くの名店」とか、この雑誌でなくても載っていそうな内容が多くなったのである。それは、コアなファンには物足りない内容であった。

書き手も、鉄道に詳しくない人が多くなり、まったく鉄道と関係のない記事も載るようになった。

さらに、「中国から見た日本」といった、「何でここに載っているのか」わからない連載もあり、「もしかしたら、誌面を埋めるだけで精一杯なのでは」と思わされることもあった(一般に、連載はつまらなかった)。

『鉄子の旅』に代表されるように、鉄道ブームといわれる昨今、タビテツも月間化という勝負に出たのだと思う。そのため、読者層を広げようとして失敗し、コアな読者まで失ってしまったのが、休刊の理由であろう。


私と同じような感想を、妻も持っていた。「タビテツが休刊するってよ」と妻にいったら、「最近、つまらなかったからね」と返されたのだ。

妻は「鉄」ではないので、「なんでわかるの?」と聞いたら、「あなたがその辺に置いておくから、ときどき読んでいたの」とのこと。知らなかった。「最近は、読むところがなかった」とのことであった。


編集長によると、体制を立て直して復活を目指しているとのことである。季刊に戻してもいいから、中身の濃い雑誌にして、再出発してほしいと思うしだいである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。